気になるバランスファンドの騰落率と純資産総額推移(15/08/08版)

  11:48

2015年08月08日のバランスファンド騰落率など

表の見直しがてら有名どころのバランスファンドについて基準価格の騰落率と純資産額の推移を比較しました。あいかわらず比較期間は短期です。

参考程度に運用コストと解約コスト、決算月も反映しましたが正確な内容については各ファンドの目論見書を参照して下さい。

特に運用コストについては最新の運用報告書から実際にどのくらいコストが発生しているのか確認することをオススメします。

ファンド基準価額純資産(百万)参考情報
08/081ヶ月3ヶ月6ヶ月08/081ヶ月3ヶ月6ヶ月運用コスト解約コスト決算月
バランス型
eMAXISバランス(8資産均等型)18,4071.93%-0.44%1.37%14,5598712,1074,3890.54%0.15%1
eMAXISバランス(波乗り型)17,7542.27%-0.63%1.13%3,617821254550.54%0.15%1
eMAXIS全世界株式インデックス23,2673.02%1.14%4.78%5,5562624287580.65%0.05%1
SMTインデックスバランス・オープン9,9881.62%-0.27%0.69%1,592874029320.54%0.10%4,10
セゾンバンガード・グローバルバランスF13,9562.91%2.02%3.56%105,1914,7007,05311,9220.51%0.10%12
EXE-iグローバル中小型株式ファンド14,3200.43%0.65%5.82%2,4471223266440.38%0.00%5
EXE-iグローバルREITファンド13,0933.44%2.20%0.41%2,034541143030.40%0.00%5
SBI資産設計オープン(資産成長型)14,3843.33%2.05%4.16%19,3131,2592,3164,3980.73%0.15%11
世界経済インデックスF21,2831.32%-0.50%1.62%15,2231,0222,1854,2580.54%0.10%1
世界経済インデックスF(株式シフト型)12,8081.54%-1.02%2.69%2,4192295381,0060.59%0.10%1
世界経済インデックスF(債券シフト型)11,8910.96%-0.15%0.31%5548791510.49%0.10%1
野村インデックスF・海外5資産バランス13,3251.52%-0.28%-0.31%1,05551781910.65%0.20%9
野村インデックスF・内外7資産バランス・H型12,3722.38%0.07%1.67%1,962872088580.54%0.20%9
ターゲットイヤー型
セレブライフ・ストーリー201512,072-0.07%-0.98%-0.60%1014580.70%0.30%9
セレブライフ・ストーリー202513,074-0.31%-1.73%-0.95%850448970.71%0.30%9
セレブライフ・ストーリー203513,939-0.54%-2.57%-1.20%1,00615231310.72%0.30%9
セレブライフ・ストーリー204514,720-0.42%-2.95%-0.77%62610221130.74%0.30%9
セレブライフ・ストーリー205515,724-0.42%-3.44%0.01%411121380.70%0.30%9
ファンドラップ型
SBIグローバル・ラップファンド(積極型)10,6502.19%0.74%4.70%8,153-781731,3471.79%0.10%12
SBIグローバル・ラップファンド(安定型)10,3171.65%1.01%2.56%3,3148-371721.71%0.10%12
のむラップ・ファンド(積極型)19,5313.37%2.52%4.19%15,8591,1402,3973,6341.49%0.30%2
のむラップ・ファンド(普通型)17,7382.92%2.45%3.53%31,1372,5416,48610,4131.33%0.30%2
のむラップ・ファンド(保守型)14,1371.63%1.68%1.71%18,3261,0392,7433,8651.17%0.30%2
みずほラップファンド(成長型コース)10,4274.35%4.25%-5,275290512-2.05%0.30%3
みずほラップファンド(安定成長型コース)10,3994.16%4.03%-12,0616721,576-2.05%0.30%3
みずほラップファンド(堅実型コース)10,1632.19%2.18%-6,79667884-2.05%0.30%3
特別枠
日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)7,482-7.86%-12.85%-15.38%264,02742,187183,159211,0721.90%0.30%毎月
アジア・オセアニア好配当成長株(毎月)4,027-4.12%-9.36%-9.44%856,822-1,24445,829194,5121.73%0.30%毎月
アジア好利回りリート・ファンド11,313-1.01%-4.87%-10.70%338,42817,45491,321212,1531.81%0.30%毎月
GS米国REITファンドB(毎月分配H無)4,4380.16%-2.31%-11.63%198,51614,56658,42646,0871.54%0.00%毎月
フィデリティ・USリートB(H無)6,1621.17%-0.76%-10.66%971,26028,90650,53638,0451.51%0.30%毎月
ピクテ・マルチアセット・アロケーション・F10,6360.97%-0.12%0.48%5,9473557751,2672.00%0.00%2,8

今回は特別枠に「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド」を追加しました。

好奇心から「ターゲットイヤー型」、「ファンドラップ型」なども比較していますが当面はバランス型のファンドのみを投資対象としています。今後も信託報酬が1%を超えるファンドには手を出さないだろうなあ。

ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド


SBI証券のサイトを見ていて目についたファンドで、クアトロの愛称で目下売り出し中のようです。

最新の月次レポートを見ると株式:債券:オルタナティブ:短期資金の比率が15:45:25:15くらいの比率で運用しているようですが債券比率が高い割に信託報酬が高くレポートを見ても私には理解できそうもない投資対象が多いため特別枠に放り込んでおいて見守ることにしました。

投資対象は多岐に渡っているので分散効果は期待できそうです。

たぶんそこそこ売れるのでしょうね。210年の歴史がどのようなリターンを生むのか今後の動向が楽しみです。

気になるファンドの騰落率と純資産総額推移(2015年最新版)

最新のファンド情報はこちら

テーマの近い記事