歴史的な一週間?上昇トレンドは継続か転換か(2015/36週)

  11:36

2015/36週の積立状況

先週は世界株式の急落から始まりました。

日経平均は月曜・火曜の2日間で約8.5%の下落、8月19日からの5営業で約13.5%の下落とインデックス投資家も大きな下落に巻き込まれました。

2015年36週目の主要アセット推移

その後、週後半は持ち直して1週間で見れば何事もなかったような感じになっています。

国内債券はいつもどおり何事もなかったような感じで推移しています。

[前回(2015/35週)の状況]

SBI日本株3.7ブルを持ってたとしたら


5営業日で約45%の下落!?


レバレッジ型に投資していた方はなかなか大変な1週間だったと思います。というかこれは投資と呼べるのだろうか...

下落はなにが原因だったのか


特にコレといってここまで急落するような目新しいニュースもないように思うんだけど何が原因だったんだろう。

中国の景気減速と通貨切下げにより新興国の景気見通しの悪化が原因とする意見が多いようですがこれはかなり前から言われていたことなので原因としては弱いように思います。

ともあれ何かキッカケがあれば連鎖して大幅下落するというとても不安定な状況にあることがわかりました。

純金はどうした


純金は伝統的アセットとの低い相関関係を期待して現在保有しています。

株式が下落したときに純金が上昇するのを期待していたのですが今回は同じ感じで下落しているようです。

もっと長期で見る必要があるのですがあまり分散効果が期待できないのであれば純金そのものは資産価値を産まないので配分を見直す必要があるかもしれません。

今週の積立投資


長期の上昇トレンドが転換したのか、単なる押し目だったのかは後になってみないと分かりませんが毎週の余裕資金とリスク許容度の範囲で今週も積立投資をしておきたいと思います。

少し株式の比率が高くなったので今週は「emaxis バランス(8資産均等型)」を注文しておきます。

心理的には株価が安定的に推移するまで控え目に行きたいなあという気持ちになっています。

過去記事のメンテ


言葉が足りなかったり見直しが必要になった箇所をメンテしました。

あまり類似の記事が増えるのも避けたいので不足部分は時々メンテしていきたいと思います。


テーマの近い記事