つらい花粉症対策の最終手段か?レーザー治療を受ける事にしました

  16:00

花粉症対策としてのレーザー治療について

長年花粉症に悩まされているのですが、ついに秋口も軽い症状が出始めてしまいました。

昔受けたアレルギー検査ではスギアレルギーだけだったんですけどね…秋口も花粉症の症状が出てしまうと1年のうち半分近くくしゃみ・鼻詰まりに悩まされる事になるので思い切ってレーザー治療を受けることにしました。

レーザー治療の種類


ネットで調べた所、レーザー素子の違いによりいくつか種類があるようです。

波長の違いから若干特性が違うようですが、最も安全そうな「炭酸ガスCO2レーザー」治療にすることにしました。

粘膜の表面を軽く焼くようで痛みや出血が少ないのが特徴のようです。

まあ効果があるのなら少々痛くてもいいのですが。

レーザー治療の効果や費用


とりあえず評判の良い耳鼻科で話を聞いた所、70%~80%の有効率があるそうで効果の程度に差はあるものの結構な確率で症状が軽減されるようです。

保険が適用されるため費用はトータルで1万円前後、効果は2年程度続くとのこと。

これで症状が軽くなるなら安いものですが、根治させる治療法ではないので効果が出たとしても定期的に治療する必要があるため長期で見ると結構な費用になりそうです。

治療を行うなら今の時期?


実は去年、症状が酷かったのでレーザー治療をしようと思ったのですが「炭酸ガスCO2レーザー」での治療はシーズン前行うものとのことで断念しました。

症状が出始めた後だと、治療によってかえって鼻を刺激してしまうからだそうです。

治療手術自体は数十分で終わるようですが簡易とはいえ手術のため予約状況次第では結構待ちとなるようです。

ちなみに今日診察して貰ったのですが、治療手術は月末になりました。

実際の手術は


さて月末になりとりあえず手術してみましたが手術日までの段取りなどを簡単に書いてみたいと思います。

手術日1周間前


アレルギー症状が酷いと手術が出来ないため1週間前から鼻炎薬を服用します。

たぶん初回診察時の処方されることと思いますが、症状の程度は軽かったものの黙って服用しておきました。

また簡易でも一応手術なので「承諾書」を書きます。

とりあえず事前にすることはこれくらいでしょうか、手術日当日に酷い症状がでていなければ問題なさそうです。

手術日当日


幸い手術日当日は症状が殆ど出ておらず、後は麻酔をしてレーザー手術をするのみです。

まず麻酔ですが手術の30分程度前から麻酔薬を浸したガーゼを鼻の中に入れるのですが、個人的にはこれが一番しんどかった。

細長いガーゼを5枚づつくらい鼻の中に入れて30分くらい待機するのですが、待っている間はすることもないし異物感もあるしで時間が長く感じます。

実際のレーザー手術自体は5分くらいで、治療中は確かに匂いが気になりますが痛みは思ったほどいたくありませんでした、痛くないと言うと嘘になりますが。

手術後


自分の場合は出血が殆どなかったためすぐ帰宅しましたが、出血状況によってはしばらく経過を見るようですね。

当日はアルコールの摂取と運動は控えるようにする必要があり、手術後2~3週間くらいは少し鼻詰まりのような状態が続くらしいです。

この辺りはネットで書かれている内容と同じですね。

とりあえず無事にレーザー手術が終わり、しばらくは経過をみつつ花粉症のシーズンを迎えることになりそうです。

ちなみにここまでで保険適用で1万円弱かかっていますが、これで花粉症が軽減されるのであれば安いものです。


花粉シーズンを迎えて

さて3月中旬となり花粉飛散ピーク時期となりました。

レーザー手術の効果の程を確認するために、ノーマスク、ノー薬とノーガードで望んでいたのですが、流石にこれはちょっと無謀だった感じです。

ただ花粉症の症状自体はすこぶる軽くなりました。

鼻の症状が減った分、目の痒みがとても気になるようになりましたが、基本的な花粉症対策をしていけば比較的快適に過ごせそうな印象を受けています。

飛散量が多い日はあまり出かける気にはなりませんが、夜眠れるのはホント助かります。

自分はレーザ治療を受けて良かったと思いますが、効果には個人差があるようなので全く改善しない人もいるのかもしれません。

ただ有効率が70~80%あるということなので、一度試してみるのもいいかもしれません。

いずれにしても今年は手遅れなので、当面は花粉症対策を頑張りましょう!


テーマの近い記事