「私設取引システム(PTS)」に関するアンケートが始まったので回答してみました

  22:01


SBIネット証券で「私設取引システム(PTS)」に関するアンケートが始まりました。

アンケート期間は7/27(水)~8/1(月)と割と短いんですが回答結果についてWEBサイトで発表するということです。

面白そうなんで少しアンケート協力をしてみましょうかね。

私設取引システム(PTS)


「私設取引システム(PTS)」ですが取引所を介さずに国内株式を売買することができる電子取引システムになります。

別に国内株式なんだから取引所を介して売買すればいいのですが「私設取引システム(PTS)」ならではのメリットもいくつかあるようですね。

SBIネット証券のサイトを確認すると、


  • 朝8:20~深夜23:59まで取引できる
  • 取引所の最良気配よりも有利な値段の場合がある
  • 手数料が取引所での取引より約5%安い


などのメリットが挙げられています。

こうして見るとなかなかメリットが多いシステムのように見えますね。

一方のデメリットは参加者が少ないということに尽きるようですが、法制度面での課題などを含めそういったいくつかのデメリットを解消していくためのアンケートという事なのかもしれません。

まあとりあえずアンケートに回答してみましょう。

アンケートやってみました


アンケート自体は選択式で14問と2、3分もあれば終わります。

「PTSに関する意見を伺う」という趣旨のアンケートですが、PTSに関する意見という意味では最後の2つの設問くらいでしょうか。

要するに「PTSで信用取引が可能になれば利用してみたいですか?」という事なんでしょう。

個人的には信用取引が出来ないから利用者が少ないという訳でもないかと思いますが、信用取引が可能になれば程度はさておき利用者が増えるのかもしれません。

でも信用取引をしていない層が新たに信用取引をもとにPTSを利用することもないだろうから利用拡大という意味での効果はそこまでは無いかもしれないなと思います。

まあ、どういうアンケート結果になるか楽しみにしておきましょう。


PTSを利用すると手数料が割安になるというのはとても魅力的なので、なにかの拍子に取引割合が拡大していけばとても便利なシステムになりそうですね。

少し調べると過去にはカブドットコム証券やマネックス証券、松井証券など主要なネット証券会社でもPTSを運営していたようですが、現在いずれのサービスも終了しているということです。

たしかに便利なのは間違いないけど、そんな夜遅くまで株式売買したいというニーズはあまり無いという事なのかもしれませんね。


テーマの近い記事