SBIネット証券から「FundRobo」というファンドアドバイザーサービスが登場

  21:09


いつか出るだろうと思っていましたがSBIネット証券から「FundRobo(ファンドロボ)」というファンドアドバイザーサービスが登場しました。

「FundsRobo」というロボアドバイザーツールもあるので、ちょっとまぎらわしいネーミングですが、大手ネット証券でもアドバイザーサービスの対応も広がってきていたようです。

投資一任型サービスなどではなく、お勧めの投資信託を提案するようなサービスのようですが、どんな投資信託を提案してくれるかちょっと試してみました。

FundRoboサービス


早い話、いくつかの質問に答える事で考え方にあった投資信託を提案してくれるサービスなんでしょう。

ファンドロボの特徴について専用サイト上では特徴について大きく2点書かれているのですが、リスク許容度にあった投資信託を1~3本提案するようなサービスのようですね。

1~3本というのが若干気になりますが、ザッと見た感じでは既に登場しているアドバイザーサービスと比べ特に目新しい所は無いような感じです。

設問についても、年齢や運用資金の性質、投資経験などだいたい同じ感じですね。

診断してみました


いくつかの選択式の設問について回答していくとオススメの運用スタイルが提案されるのですが、自分の場合は「やや積極派」という事でした。

どちらかと言うと慎重派な気もしますがとりあえず診断結果を見進めてみますと、投資対象国を選ぶ画面になりました。

「投資対象国を選択するの?」という感じですがとりあえず”おまかせ”という選択肢があったのでおまかせで進めます...と今度は資産クラスを選択する画面になりました。

なんかこれまでのアドバイザーサービスと比べ具体的な選択肢が多い感じですね、とりあえずまた”おまかせ”を選んどきます。

すると、ようやく次のような投資信託がオススメとして提案されました。

オススメ1:MHAM 新興成長株オープン「愛称:J-フロンティア」
オススメ2:ノムラ 日米REITファンド(毎月分配型)
オススメ3:中小型株式オープン「愛称:投資満々」

...なるほど、これは投資対象国や資産クラスは自分で選んだ方が良さそうです。


これは、リスク許容や選択肢の内容に近くてモーニングスターレーティングの高いファンドを検索する事が出来るサービスと考えても良いのかもしれません。

個人的には長期投資をする場合は幅広い資産クラスに分散投資した方が良いのではないかと思いますので、1~3本に絞るとするとバランスファンドが合っているいるような気がします。

でもアドバイザーサービスということ考えるとバランスファンドを提案するというのは少し地味な感じになってしまうのかもしれませんね。

ちなみに選択肢次第ではバランスファンドを提案するケースもあるようですので、どのようなファンドが提案されるか専用サイトでチェックしてみるのも良いかもしれません。

そういえばSBIネット証券では「楽ラップ」みたいな投資一任型サービスはやらないんでしょうかね。


テーマの近い記事