「個人型確定拠出年金(イデコ)」のメリットも図で見ると分かりやすい

  21:00

今年から加入対象者が拡大した個人型確定拠出年金(イデコ)ですがどんな節税効果があるのかや掛金の限度額は条件が少しややこしくて分かりにくい印象です。

そんな中、ZUNNYで分かりやすい図解があったので確認も兼ねて見てみる事にしました。

しかし図で見てみると随分と分かりやすかったです。

節税メリットなど


iDeCo(イデコ)というと節税メリットが大きい事でも注目されていますが図で見てみるとこんな感じに。



メリットとしては大きく以下の3つになるんですが具体例も交えて図解することで随分分かりやすいですね。

  • 掛金の全額取得控除
  • 運用益が非課税
  • 受取時の税制優遇措置

「受取時の税制優遇措置」は若干ややこしいんだけど図で見ると理解しやすいんじゃないでしょうか。

運用中も受取時も節税メリットがあることが分かります。

掛金の限度額は?


節税メリットが分かって加入しようかと思っても掛金の限度額がこれまた分かりにくいんですが、こちらについても図解で分かりやすく表現されていました。



厚生年金保険の加入有無から始まりフローをたどっていけば掛金の限度額が分かるようになっています。

自分なんが加入条件として引っかかったマッチング拠出の有無なんかもキチンと書かれているし簡単に掛金の限度額が分かるようになっています。

同じ情報量を文字だけで表現すると結構な文字数になるんですが、図解でみるとかなり分かりやすくていいですね。

まあ一番いいのは分かりやすい制度になる事なんでしょうけど。


インフォグラフィックは色々な所で目にするようになっているんですが、色々な情報が視覚的に分かりやすく表現されていてホントためになります。

前にイデコについて調べた時の記事もあるんですが図で見ると分かりやすくなりますね。

まあ個人型確定拠出年金(イデコ)は便利な制度だと思いますが少しややこしい所もあるので色々確認した上で活用するのが良いかもしれません。


テーマの近い記事