EXE-i グローバルREITの分配金利回りはどの程度だろうか

  17:30

exe-iグローバルREITの利回りについて

少し前に運用状況を確認したEXE-i グローバルREITファンドですがなんとなく値頃感で積立しております。

そんなことではイカンと、不動産への投資なので分配金利回りが現在どの程度期待できるのか把握しておこうと思いもう少し調べてみました。

グローバルREITファンドが投資する2つのETF


目論見書からわかるようにEXE-i グローバルREITファンドはファンド・オブ・ファンズ方式で「シュワブ US REIT ETF」と「バンガード・グローバル(除く米国)不動産ETF」に投資することにより運用を行っています。

基本投資割合についても記載されており、

シュワブ US REIT ETF         :60%
バンガード・グローバル(除く米国)不動産ETF :40%

の割合で投資しているためこれら各ETFの利回りを確認すればおおよその期待利回りが確認できそうです。

ドル建てではありますが。

各リートETFの期待利回りについて


シュワブ US REIT ETF


シュワブ社のサイトで確認したところ「ティッカー:SCHH」が該当するようです。

ちょっとサイトを確認してみると運用コスト(Expense Ratio)が0.07%と低コストです。

直近の分配金利回りは2.34%と意外に利回りが低いですね。

個人的にはリートなのでもう少し利回りが欲しい所です。

バンガード・グローバル(除く米国)不動産ETF


こちらはバンガード社のサイトで確認したところ「ティッカー:VNQI」が該当するようです。

運用コストは0.24%とこちらも低コスト。

利回りは4.40%とまずまずでしょうか?

EXE-i グローバルREITファンドの期待利回りは


各ETFの比率から単純計算すると現時点では3.15%程度になりそうです。

不動産投資としてはちょっと期待利回りが低いような気がしますがどうなんでしょうかね。

為替リスクもあるので期待利回りが良い所で投資したいところです。


せっかくなのでチャートも見ときます。

各リートETFのチャート


シュワブ US REIT ETF(赤色)はここ5年でずいぶん高くなっていますね。

価格が下がり期待利回りが上がった所で投資するのが良いのでしょうが為替の影響も受けるためタイミングを見ての積立はなかなか難しいかも知れません。

とはいえあまりに期待利回りが低いタイミングで不動産投資を行うのも良くなさそう。

まあ、あまり値頃感すぎるのも良くないので今後は気を使っていきたいと思います。


テーマの近い記事