新たなロボットテクノロジー関連株ファンド「愛称:ロボテック」が登場したようです

  21:30


現在、ロボット産業に投資を行うファンドの人気が高いようですが最近新たに「ロボテック」というファンドが設定されたようです。

期待される産業分野ということで投資対象とするファンドも増えることだろうと思っていましたが、どのようなファンドか少し確認してみました。

ロボテックファンドの概要


例によって目論見書からロボテックファンドの特徴を確認しました。

主な特徴ですが、

・国内外のロボット関連企業の株式に投資
・株式の運用は「アクサ・インベストメント・マネージャーズ」が行う
・「ロボット関連株式ファンド」への投資割合を高位に維持する
・為替ヘッジを原則行わない

ということがわかりました。

あまり前ですが「ロボティクスファンド」と似た感じです。

その他の主だった情報としては、

購入時手数料 :3.24%(500万円以内/SBI証券の場合)
信託財産留保額:なし
信託報酬   :年率1.782%程度(税込)
信託期間   :2025年9月12日
収益分配   :年2回型

とコスト面も「ロボティクスファンド」と似た感じでちょっとコストが高いなあという印象。

「ロボティクスファンド」と比べると少しだけ信託報酬が低く設定されているようです。

ロボティクスファンドとの違いは運用会社?


基本的に同等のファンドと見て差し支えなさそうで違いは銘柄選定など運用会社の違いがパフォーマンスの差となりそうです。

また注意したいポイントなども「ロボティクスファンド」と同じ感じでしょうかね。

ファンドの紹介動画などもあるようですので興味のある方はどうぞ。




ロボティクスファンド」が人気化していることもあり新たなロボット産業を投資対象とするファンドが設定されるだろうと思っていましたがやはり新たに設定されたようです。

純資産総額の差からどちらかを選ぶとすれば「ロボティクスファンド」かなあとも思いますがしばらく運用状況を見比べていくのも面白そうですね。

まあしばらく比較の意味で運用状況を見ていきたいと思います。

個人的にはインパクト株式ファンドエンダウメントファンドなどもいいと思うのですがアクティブファンドは素直に流行りに乗っかるのが良いのかもしれませんね。

さてどんな運用状況となるのでしょうか。


テーマの近い記事