投信工房でeMAXIS Slimやひふみプラスなどの取扱いが始まるらしい

  20:13

個人的には便利に活用中の投信工房なんですが4/24(月)から新たに31銘柄もの投信信託の取扱いを開始するとのことです。

ポートフォリオ管理型サービスということで、低コストのインデックスファンドを中心にお手軽に資産運用ができるサービスなんですがラインナップが充実することでさらに魅力的になるかもしれません。

最近、積立ファンドを変えたばかりなのでアレなんですが、いったいどんな投資信託が増えるんだろう?

新たに取扱いを開始する投資信託


31銘柄が新たに追加と結構増えるんだなという印象ですが、どんな投資信託が追加されるのか松井証券のサイトを確認してみました。

追加されるラインナップはこちらで確認できるんですが「eMAXIS Slim」や「たわらノーロードplus」、「iTrust」などのシリーズものなど幅広く追加されるようです。

興味を引く所では「ひふみプラス」なども取扱いを開始するようで、比較的低コストのアクティブファンドも取扱い開始するみたいです。

まあ選択肢が増えるという事は良いことかもしれません。

新規取扱銘柄を積み立てるかどうか


ホントについ最近、積立銘柄を追加(新興国株式)したばかりなんですが、新たな取扱い銘柄には「たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティティ高配当戦略」なども含まれているようですね。

個人的には「ひふみプラス」や「たわらノーロードNY」などは投信工房でも取扱いすれば良いのになと思っていた事もあり、ほんの少しだけ組入れてみようかなとも思ったりしています。

他にも、ちょっと信託報酬が高いけど「iTrustロボ」や「iTrustバイオ」などもサテライトとして加える人もいそうですね。

しかしインデックスファンドだけを取扱っていくのかと思いきや、いろいろバリエーションが増えています。

これを機に利用者が増えてさらにサービスが充実していけばいいな、といった所でしょうか。


組入れ銘柄を変更したばかりで少し間が悪い感じなんですが、銘柄の追加・変更や保有銘柄の管理は殆ど手間がかからないので、今回追加された銘柄もいつか組入れる時が来るのかもしれません。

といってもあまり保有銘柄数が増えすぎても仕方ないので、銘柄を追加するのもほどほどにしつつ運用していこうかと思います。

しかし銘柄追加と積立キャンペーン、同じタイミングだったら良かったのにな。


テーマの近い記事